ニチガスのガスの消費量

ガスは毎日の調理に使ったり、お風呂のお湯を沸かしたり、色々なことに使われています。
しかし一般家庭以外にもガスは多数使われています。
業務用のガスの消費も多く、一般家庭用と同量のガスが使われているのです。

ニチガスのホームページにてガスの消費量(販売量)が記載されています。
その消費量を見ると、少し不思議な傾向がありました。
業務用のLPガスは、春夏は消費が少なく、秋冬は消費が増える傾向が見えました。
これは一体なぜなんでしょうか?
冬は夏より寒いから、お湯を沸かすのにたくさんのエネルギーが必要ということなのでしょうか?
一方、都市ガスは春夏秋は同じくらいで、冬がちょっと高い傾向が見られました。
夏でも都市ガスを普通に使う理由が良く分かりません。
汗をかくから、たくさんシャワーを浴びるのかとも思いましたが、業務用なので関係ありませんね。
ちなみにこの傾向は毎年同じようです。
ニチガスのホームページにて3年分のデータがありますが、どれも傾向が一緒でした。

ニチガスはLPガス、都市ガスの両方を取り扱っており、業務用は都市ガスの方が多いようです。
大体、倍ほどの差が生じています。
都市ガスの方が安いし、大量に仕入れるには都合が良いのかもしれませんね。
一方で、家庭用だとニチガスはLPガスを大量に供給しています。
こちらは1.5倍ほどの差となります。
都市ガスのパイプラインが届いていない家庭はまだまだ多いので、プロパンガスの需要も根強くあるのです。

工場は色々なガスを使っています。
ニチガスはLPガスや都市ガスのほかにも、酸素やアルゴン、灯油、工業用潤滑油など様々なガスと燃料を供給しています。
ニチガスはかなり活躍しているガス会社として広く知られているのです。